Docflock利用による効果
 ● Webブラウザ利用
・Webブラウザ、ユーザーID、パスワードがあればどこからでもアクセスができ利用場所が広がります。
 ● 図面管理
・データ変換機能及びCADビューア機能で、CADファイルの表示及び印刷機能が充実しているため、図面資産を
  有効に利用できます。
 ● ファイル一元管理
・文書で行っていた各種通達や連絡などの情報を共有することで、組織内コミュニケーションの迅速化が図れます。
・回覧資料やコピー配布を電子化することで、紙資源の削減と経費の削減が図れます。
・ドキュメント資産を共有することで、ディスク容量の削減ができ情報の共有化が図れます。
・検索が容易にでき、ドキュメント資産の有効利用が可能となります。
 ● PDFファイル自動作成
・ファイルの登録時、元データファイルよりPDFファイルに自動作成し、両方のファイルを保存し、配布資料として
  有効な電子文書として活用ができます。
 ● 業務に沿ったシステム構築の現実
カスタマイズが可能なため、業務に沿ったシステムの構築が実現できます。